利用規約・プライバシーポリシー(サービスご利用の前に必ずご一読下さい)

KISUNA ALPHA 利用規約

※IDを他人に譲渡したり使わせたり、使うことは禁止しています。
利用者IDとパスワードを他人に知られないように管理することは、非常に重要なセキュリティ対策となります。

◆PC推奨ブラウザ
・Google Chrome 72以降, Microsoft Internet Explorer 11以降, Mozilla Firefox 60以降 のいずれか
※タブレット端末についてはAndroidを推奨しております。iPadの場合一部機能がお使いいただけない可能性がございます。

◆スマートフォン対応ブラウザ
・iPhone Safari, Android Chrome
また、古い端末をご利用の場合動作が安定しない可能性がございますのでご了承くださいませ。

第1章 総則

第1条(規約の適用)

  • 1.KISUNA ALPHA 利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社CVSコンシェル(以下「当社」といいます。)と、本サービス(後記第2条に定義します。)を利用しようとする者または利用する者との間において、本サービスの利用に関する一切の関係に適用されます。
  • 2. 当社は、予め契約者に承諾を得る事無く本規約及び本サービスを変更する場合が有り、契約者はこれを承諾するものとします。契約者は、当該変更に同意しないときは第16条第2項により解約することができるものとし、解約しないときは、当該変更に同意したものとみなします。

第2条(定義)

  • 1.「KISUNA ALPHA 」とは、当社が提供するインターネットを利用したシフト管理アプリケーションサービス(以下「本サービス」といいます。)をいいます。
  • 2.「契約者」とは、本サービスの利用申込をし、当社が当該申込みを承諾した本サービスを利用する者をいいます。
  • 3.「利用者」とは、本サービスの登録申請後、契約者からログインの承認を受け、本サービスを利用する者をいいます。

第3条(通知方法)

  • 1.当社から契約者に対する通知は、本規約に特に定めない限り、当社が本サービスへの申込登録時に記入された契約者の電子メールアドレスまたは本サービスで使用する電子メールアドレス宛に、電子メールを送信する方法により行います。
  • 2.当社が契約者に対して前項記載の方法により通知した場合において、当社からの通知が契約者に到達しなかったとしても、当該不到達に起因して発生した損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

第2章 利用契約の締結

第4条(利用契約の申込)

  • 本サービスの利用契約(以下「利用契約」といいます。)の申込は、本規約に同意の上、当社が定める方法により申込むものとします。なお、申込の際には、当社は契約者に対し申込内容を証する書類等の提出を求めることができるものとします。

第5条(利用契約の成立)

  • 契約者が申込みを行い、当社が承諾した時点で、利用契約が成立するものとします。

第6条(契約事項の変更)

  • 1.契約者は、利用契約の申込時に当社に届出た内容に変更があった場合には、速やかにその旨を当社所定の方法により当社に届出るものとします。
  • 2.当社は、当社の裁量により必要と判断した場合には、契約者に対して前項に定める変更内容を証する書類の提示を求めることができるものとします。

第3章 サービスの提供

第7条(本サービスの提供)

  • 1.当社は、利用契約を締結した契約者に対し、本サービスを提供します。
  • 2.当社は、契約者が最終ログイン日の翌日から100日以上本サービスにログインしない場合(未ログイン状態が100日以上継続したいかなる場合を含みます)、契約者との契約を解除もしくは解約できるものとします。

第4章 契約者及び利用者の責務等

第8条(サービス利用環境の維持)

  • 1.契約者及び利用者は、接続機器、その他本サービスを利用するために必要な機器、設備及び通信回線等の利用環境を自己の責任をもって管理、維持するものとします。
  • 2.前項に定める利用環境が維持されなかったために本サービスが利用できない場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第9条(アカウントとデータの管理)

  • 1.当社が発行したアカウント及びパスワードの第三者への開示を禁止とします。
  • 2.当社が発行したアカウント及びパスワードの管理については契約者が一切の責任を負うものとし、当社は、第三者のアカウント及びパスワードの不正使用等により契約者に生じたすべての損害について、その責任を負わないものとします。
  • 3.契約者が第三者にパスワードを知られた場合または知られた可能性がある場合は、契約者は速やかに設定→従業員一覧→対象のユーザーページよりパスワードの変更を行うものとします。
  • 4.契約者の利用するサービス内のデータのバックアップ管理については契約者が一切の責任を負うものとし、サーバの障害などによって契約者のデータが消失しても、当社の故意によるものを除いて、当社は一切の責任を負わないものとします。

第10条(契約者及び利用者の義務)

  • 1.契約者及び利用者は本サービスの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
    1. (1)第三者もしくは当社の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為。
    2. (2)第三者もしくは当社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為。
    3. (3)第三者もしくは当社を誹謗、中傷する行為。公序良俗に反する行為もしくはそのおそれのある行為、または公序良俗に反する情報を他者に提供する行為。
    4. (4)犯罪行為もしくは犯罪に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
    5. (5)虚偽の内容を含むメッセージや情報を作成し、送信する行為。
    6. (6)ストーカー行為等の規制等に関する法律に違反する行為。無限連鎖講(ネズミ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為。
    7. (7)選挙の事前運動等公職選挙法に違反する行為。
    8. (8)本人の同意を得ることなく、または不当な手段により第三者の個人情報を収集する行為。
    9. (9)自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったりまたは他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりする行為。
    10. (10)ウィルス、ワーム等コンピュータを汚染し、または破壊する恐れのある情報、ファイル、ソフトウェアを送信すること。
    11. (11)著作権のある文書、画像あるいはプログラムであって使用許諾を得ていないもの、営業秘密その他財産的価値を有する機密情報、不法に使用されている商標あるいはサービスマークなど、他者の権利を侵害するメッセージ、データ、画像あるいはプログラムを掲載または送信すること。
    12. (12)当社の許諾なく、本サービスを販売、レンタル、リース、再許諾、譲渡、変更、翻訳、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルを行うこと。
    13. (13)手段にかかわらず本サービスの運営を妨げ、あるいは本サービスの他の契約者及び利用者を害すること。
    14. (14)ID・パスワードの探知、ハッキングまたはその他の手段により、本サービスに接続されたコンピュータ-システムまたはネットワークへの不法アクセスを試みること。
    15. (15)本サービスを介して技術データやソフトウェアの国外への送信に関する法令その他の適用法令に違反すること。
    16. (16)契約者及び利用者が維持、管理すべき利用環境においてウィルス対策を怠ること。
    17. (17)契約者及び利用者が維持、管理すべき携帯端末において操作ロック、遠隔ロックなどのセキュリティ対策を怠ること。
    18. (18)本サービスを利用して、営業活動、営利を目的とした情報提供活動を行うこと。
    19. (19)その他上記に類する行為、他者もしくは当社に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある一切の行為。
    20. (20)その他当社が不適当と判断する行為。
  • 2.万が一、本サービスの利用に関連し契約者が他の契約者、利用者または第三者に対して損害を与えた場合、損害が発生した原因が当社の故意または重過失によるものであることが明白である場合を除き、当社は、当社が当該損害についての紛争に関して出捐した交渉費用、訴訟費用等の一切を当該契約者に請求できるものとします。
  • 3.契約者が本規約に違反する行為、または不正もしくは違法な行為により当社に損害を与えた場合、契約者は当社の被った損害を賠償するものとします。

第5章 利用料金の支払

第11条(利用料金)

  • 1.本サービスの利用は、共用サーバーでご利用いただく場合、初期費用は無料。1店舗・1グループ毎月額5,000円(税抜き)とします。
  • 2.店舗利用の場合、月額10,000円。3店舗利用の場合、月額15,000円…と店舗が増える毎に利用料金がかかります。月額料金に日割り計算はございません。月の途中からのご利用でも1店舗・1グループにつき、月額5,000円(税抜き)費用が発生いたします。
  • 3.10店舗以上でご利用いただく場合は、契約者様には別途、サーバーをご用意いただき、セキュリティー対策、並びにバックアップの管理については契約者が一切の責任を負うものとし、サーバーの障害などによって契約者のデータが消失しても、当社の故意によるものを除いて、当社は一切の責任を負わないものとします
  • 4.契約者様がサーバーをご用意いただく場合は、利用料金は別途ご案内させていただきます。
  • 5.契約内容により初期費用をいただく場合がございます。

第6章 本サービスの利用停止等

第12条(本サービスの中止・停止等)

  • 1. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は契約者及び利用者に事前に通知することなく、また何らの責任を負うことなく本サービスの全部または一部の利用を中止または一時停止をすることができるものとします。
    1. (1)本サービスを提供するために必要な当社の設備、機器、システム等の保守上または工事上やむを得ない場合、またはこれらに障害が生じた場合。
    2. (2)電気通信事業者が提供する電気通信サービスの提供が中止、休止、停止または制限された場合。
    3. (3)天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれがある場合。
    4. (4)前各号の他、当社が営業上または技術上やむを得ないと判断した場合。
  • 2.当社は、次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの責任を負うことなく、本サービスの全部または一部を廃止することができるものとします。
    1. (1)本サービスを提供するために必要な当社の設備、機器、システム等の全部または一部が滅失または復旧困難な程度に破損した場合。
    2. (2)前号の他、当社が営業上または技術上やむを得ないと判断した場合。

第13条(本サービスの内容の変更、終了)

  • 1.当社は当社の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。当社が本サービスの提供を終了する場合、当社は契約者及び利用者に当社の別途定める方法で事前に通知するものとします。
  • 2.当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき契約者及び利用者に生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

第14条(利用停止)

  • 1.当社は、契約者または利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、本サービスの利用を停止することがあります。その場合、当社はあらかじめそのことを当社の定める方法で契約者に通知するものとします。但し、緊急またはやむを得ない場合は、この限りではないものとします。
    1. (1)利用契約に関して当社に虚偽の事項を通知したことが判明したとき。
    2. (2)前各号の他、本規約の規定に違反したとき。
    3. (3)本サービス提供に関する当社の業務の遂行または当社の設備、機器、システム等に著しい障害を及ぼし、または及ぼすおそれがある行為をしたとき。
    4. (4)当社が提供する他のサービスを利用する場合で、当該サービスの利用停止事由が発生したとき、またはこれらの利用を停止されたとき。
  • 2.契約者が複数の利用契約を締結している場合において、当該利用契約のうちのいずれかについて前項の規定により本サービスの利用を停止されたときは、当社は、当該契約者が締結している他の全ての利用契約に基づく本サービスの利用を停止することができるものとします。
  • 3.当社は、本条に基づく本サービスの利用停止により契約者または利用者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。

第15条(責任の制限)

  • 1.インターネット及びコンピュータに関する技術水準、通信回線等のインフラストラクチャーに関する技術水準及びネットワーク自体の高度な複雑さに照らして、現在の一般的技術水準を満たす限り、本サービスについて不具合があったとしても瑕疵にあたらないことを契約者及び利用者は予め了承するものとします。
  • 2.天災事変、原因不明のネットワーク障害その他の不可抗力により、本サービスを提供できなかったときは、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 3.当社は本サービスの契約者に対し、一切の賠償責任を負わないものとします。
  • 4.契約者は、本サービスの利用について、契約者または利用者と第三者との間にトラブルが生じた場合、自らの費用負担と責任において対応するものとし、当社に対し何らの責任、損害を及ぼさないものとします。当社が、これら第三者に対して損害賠償等の支払を負担した場合には、当社は、契約者に対し、その全額(解決のために要した弁護士費用その他の諸経費を含む)を求償できるものとします。
  • 5.本サービスはシステム障害、又はサーバのメンテナンス等により、事前の通知なく一時的又は長期に中止される場合があります。また、本サービスの内容について、事前の通知なく変更・停止又は中止される場合があります。なお、このことにより生じるあらゆる損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

第16条(契約者による利用契約の解約)

  • 1. 契約者は、利用契約を途中解約しようとするときは、当社が別途定める方法によって当社に通知するものとします。
  • 2.当社が本規約及び本サービスを変更する場合に、契約者がこれに同意できない場合、当社から変更の通知を受けてから1週間以内に限り、利用契約を解約できるものとします。

第17条(当社が行う利用契約の解除)

  • 1.当社は、第14条に基づき本サービスの利用停止を受けた契約者が、当社から期間を定めた催告を受けたにもかかわらず、なおその事由が解消されない場合には、契約者に通知することにより、利用契約を解除できるものとします。
  • 2.前項に係らず、当社は、契約者が次のいずれかに該当した場合には、何らの催告なしに利用契約を即時解除できるものとします。なお、この場合、契約者が本サービスの他に当社が提供する他のサービスを利用している場合には、当社は当該サービスを利用する契約についても同様に解除することがあることを、契約者は予め了承するものとします。
    1. (1)第14条所定の事由に該当し、当社の業務の遂行に支障をきたすと当社が判断した場合。
    2. (2)契約者に対する差押え、仮差押え、または仮処分命令の申立てがあった場合及び租税滞納処分を受けた場合。
    3. (3)破産、会社更生手続、特別清算手続、民事再生手続(個人債務者再生手続を含みます。)の申立てがあった場合。
    4. (4)手形不渡その他支払いを停止した場合。
    5. (5)契約者による連絡先の申告ミス、その他不存在である場合もしくは居所が判明しない場合。
    6. (6)その他前各号に準ずる事由が生じた場合。
  • 3.利用契約が解除された場合、契約者は、利用契約に基づく一切の債務につき当然に期限の利益を喪失し、未払債務の全額を直ちに当社に支払うものとします。

第7章 雑則

第18条(通知・連絡等)

  • 1.第3条第1項以外の通知連絡手段として当社は、書面による郵送、サービス画面への掲載、その他当社が適当であると判断する方法により、契約者及び利用者に随時必要な事項の通知・連絡等を行うものとします。
  • 2.当社が、サービス画面への掲載により契約者及び利用者に通知・連絡等を行う場合は、当該通知・連絡等を掲載してから24時間を経過したときに、その他の手段による通知・連絡等の場合は、当社が契約者及び利用者に当該通知・連絡等を発信したときに、効力を生じるものとします。

第19条(第三者への委託)

  • 当社は、本規約等における当社と同等の義務を負わせることにより、本サービスの一部または全部を第三者に再委託することができるものとし、契約者は予め承諾するものとします。ただし、当社の本規約等における義務は、再委託によって何ら軽減されるものではないものとします。

第20条(情報の開示と統計データ・Cookieデータ等の取扱)

  • 1.当社は、以下各号の一に該当する場合には、契約者が当社に届出た情報、契約者もしくは利用者が本サービスを利用することにより記録された情報または契約者もしくは利用者が送信した情報等を閲覧・利用しまたは第三者へ開示することがあります。
    1. (1)契約者の同意を得たとき。
    2. (2)捜査機関の令状があるとき、裁判所からの調査嘱託等開示の要求があるときまたは行政機関から開示要求があるとき。
    3. (3)法律に従い開示の義務を負うとき。
    4. (4)契約者、利用者または第三者の生命、身体またはその他重要な権利を保護するために必要なとき。
    5. (5)上記各号に準じる必要性があるとき。
  • 2.当社は、契約者並びに利用者による本サービスの利用によって提供・記録された年齢や性別、職業、居住地等の属性情報及び本サービスの利用履歴や行動履歴等の情報(ページビュー、応募履歴、本サービスを通じた一切の活動の過程、態様、その他に第三者判断・入力等を行ったシステム内でのステータスの状況・変化や評価情報などを含みますが、これらに限られません)について、本規約への同意の前後を問わず提供・記録された情報を含めて、個人を識別・特定できないように加工した上で、何らの制限もなく利用(契約者並びに利用者への情報提供、分析・研究・統計データ等の作成、属性情報等データの作成、企業等第三者への提供、市場の調査、本サービスの品質情報として一般公開、新サービスの開発を含みますが、これらに限られません)することができるものとし、契約者並びに利用者はこれを予め承諾するものとします。
  • 3.当社は、契約者による本サービスの利用に関わるデータの保管期間及び管理方法等につき、別途内規を定めます。
  • 4.当社は、Cookieの情報に関しては、個人情報には該当しない為、自由に利用するものとし、契約者及び利用者はこれを予め承諾するものとします。

第21条(個人情報の保護)

  • 1.当社及び契約者は、本サービスの提供及び受領に際し、相手方より取得した個人情報を、法令及びそれぞれが公表する「個人情報保護方針(プライバシーポリシー)」に基づき適切に保護するものとします。
  • 2.当社は、契約者並びに利用者の個人情報を下記の目的で使用いたします。
    1. a) 本サービス及び関連する各種サービスの提供のため
    2. b) 本サービス内容の変更及び更新、停止、解約、サービス追加等のお取引内容の管理のため
    3. c) 請求処理、入金確認、支払の督促等の業務のため
    4. d) サービス提供する上で必要な情報等をお届けするため
    5. e) 当社サポートセンターにお問い合わせいただいた際の本人確認のため
    6. f) 現在ご提供のサービス、新サービス開発に対するご意見の聴取のため
    7. g) サービスの利用状況を把握し、より満足いただけるよう本サービスの改良や新サービスの開発等を目的として、個人情報を集計及び分析するため
    8. h) 営業活動において、お打ち合わせ、商品ご紹介などでご訪問させていただくため
    9. i) 当社の広告宣伝に対してご興味を持っていただいた方に、更に詳しい資料、情報などをご提供するため
    10. j)個人情報を適切に管理するように契約等により義務づけた業務委託先または提携先に対し、本サービスの提供のために必要な業務を委託するため
    11. k)個人情報の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない態様にて第三者に開示または提供するため
  • 3.当社は、前項の使用範囲内で業務委託先に契約者並びに利用者の個人情報を開示することができるものとします。
  • 4.当社は、以下のいずれかに該当する場合には、契約者並びに利用者の個人情報を第三者に開示することができるものとします。
    1. a) 予め契約者並びに利用者の同意が得られている場合
    2. b) 法令にもとづき開示しなければならない場合
    3. c) 人の生命、身体または財産の保護に必要があり、本人の同意を得ることが困難な場合
    4. d) 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進に特に必要であって、本人の同意を得ることが困難な場合
    5. e) 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して協力の必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

第22条(秘密保持)

  • 1.契約者及び当社は、本契約に関して秘密である旨の表示がなされたうえで開示された情報(以下「機密情報」といい、機密情報を開示する当事者を「開示当事者」といいます。)を、開示当事者の事前の承諾なく、第三者に開示及び漏洩しないものとします。なお、弁護士その他法令上秘密遵守義務を負う者へ本件受託業務に関連して開示する場合は、この限りではありません。但し、以下の各号のいずれかに該当する情報は秘密情報から除きます。
    1. (1)開示当事者から開示された時点で、既に公知である情報、又は既に開示受領者が保有していた情報
    2. (2)開示当事者から開示された後、自己の責によらず公知となった情報
    3. (3)正当な権限を有する第三者から、機密保持義務を負うことなく合法的に入手した情報
    4. (4)開示当事者から開示された情報によることなく独自に開発した情報
    5. (5)開示当事者から事前に書面により開示を承諾された情報
    6. (6)開示当事者が秘密保持義務を課することなくお客様もしくは受託者以外の第三者に開示した情報
    7. (7)法律上開示を義務付けられた情報
  • 2.契約者及び当社は、開示当事者から受領した機密情報を本サービスの提供のため以外に使用することはできません。
  • 3.契約者及び当社は、開示当事者から要求があった場合、直ちにすべての機密情報を当該開示当事者に返却し、または当該開示当事者の事前の書面による指示に従い、機密漏洩に十分に配慮した方法で廃棄します。また、情報開示目的が消滅した場合も同様とします。
  • 4.契約者及び当社が、法令の規定、裁判所その他法的機関から適法に機密情報の開示を命令された場合、本条第1項の定めに関わらず、当該公権力に対して当該機密情報を開示できるものとします。ただし、当該命令を受けた当事者は、当該命令を受けた事実を遅滞なく開示当事者に通知し、可能な限り機密情報の機密性の保持に努めるものとします。

第23条(著作権等)

  • 1.本サービスに関する知的財産権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む)及び、これらの権利の登録を受ける権利(以下「知的財産権等」といいます。)は全て、当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権等の使用許諾を意味するものではありません。
  • 2.契約者及び利用者は、本サービスに関して当社が契約者及び利用者に提供する情報(映像、音声、文章等を含む。以下同じ。)に関する著作権その他一切の権利が、当社または当社に対して当該情報を提供した第三者に帰属するものであることを確認するものとします。
  • 3.契約者または利用者は、知的財産権等の存否にかかわらず、本サービス及び本サービスに関わる情報、マニュアル及びこれらに関する一切の資料等につき、自己の私的使用の目的にのみ使用するものとし、当社の許諾無く、複製、配布、転載、転送、公衆送信、改変、翻案その他の二次利用等を行ってはならず、更には第三者をして行わせてはならないものとします。
  • 4.契約者及び利用者は、本サービスの利用中において提供、更新された当社が提供する全てのシステム(プログラムソースコードを含む)の著作権その他一切の権利(発明、考案、意匠及び商標に関する権利を含む)が、当社または当社に対して当該システムを提供した第三者に帰属するものであることを確認するものとします。
  • 5.契約者は、本契約終了後、当社から提供された資料物に対し、当社からの指示に従って、消去、返却、裁断、もしくは消却などの必要な機密漏洩防止措置を講じるものとします。

第24条(商標の利用について)

  • 契約者は、契約者による本サービスの利用期間中において、契約者の実社名(法人名または組織・団体名に限る)、サービス名、ロゴマーク等を、本サービスにおける当社との取引実績として、当社または当社の販売代理店の運営するWEBサイト、本サービスのパンフレット等に表記することを含めて、本サービスの広告・宣言・PR・販売促進等を目的とした資料等に、契約者の実社名、サービス名、ロゴマーク等を当社が使用することについて、予め同意するものとします。

第25条(権利の譲渡等)

  • 契約者は、利用契約上の地位、利用契約に基づく権利義務の全部または一部を、当社の事前の書面による承諾なくして第三者に譲渡、貸与または質入等の担保設定その他一切の処分を行ってはならないものとします。

第26条(反社会的勢力の排除)

  • 1.ユーザーは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    1. (1)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. (2)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. (3)自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. (4)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    5. (5)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  • 2.ユーザーは、自らまたは第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
    1. (1)暴力的な要求行為
    2. (2)法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. (3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. (4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当社、他の契約者及び利用者、その他第三者の信用を毀損し、または当社、他の契約者及び利用者、その他第三者の業務を妨害する行為
    5. (5)その他前各号に準ずる行為

第27条(準拠法)

  • 本規約に関する準拠法は、すべて日本国の法令が適用されるものとします。

第28条(合意管轄裁判所)

  • 本規約または本サービスに関する一切の訴訟については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第29条(誠実協議)

  • 本契約に定めのない事項が生じた場合、又は本契約上の解釈に疑義が生じた場合は、契約者と当社とは、お互い誠意を持って協議し、その解決を図るものとします。

第30条(存続条項)

  • 本サービスの利用期間の終了後も、第21条(個人情報の保護)、第22条(秘密保持)、第23条(著作権等)、第28条(合意管轄裁判所)及び本条は有効に存続するものとします。

第31条(その他の情報提供)

  • 当社は、契約者及び利用者が利用する管理画面上で、当社から提供するその他の商品・新サービス等に関する各種情報告知を行うことができるものとします。

第32条(条項の分離可能性)

  • 本規約の条項のいずれかが管轄権を有する裁判所によって違法または無効であると判断された場合であっても、本規約のその他の条項は有効なままとすることに、契約者は承諾するものとします。

「KIZUNAALPH  試用お試し期間の特約」

第1条(特約の適用)

  • 1. このKIZUNAALPHAは、株式会社CVSコンシェル(以下「当社」といいます。)とKISUNA ALPHA 利用規約(以下、「原契約」といいます。)に基づく契約を締結している契約者の内、当社が提供する有料サービスである「KISUNAALPHA 」(以下「本サービス」といいます。)の利用および当社が提供する本サービスに関するシステム、アプリケーションソフトウェア等(アップデート版等を含み、以下総称して「本ソフトウェア等」といいます。)の利用にかかる契約(以下「本契約」といいます。)を締結した契約者(以下「契約者」といいます。)に対して適用されるものとします。なお、本規約に定めなき事項は原契約に従うものとします。
  • 2. 当社は、契約者による本ソフトウェア等のダウンロード、インストールもしくは本ソフトウェア等または本サービスの利用をもって、契約者が本規約に同意したものとみなし、本規約が、契約者に適用されるものとします。
  • 3. 当社は、本規約に基づき契約者に本サービスを提供するものとします。また、契約者は、本ソフトウェア等および本サービスを利用するにあたって、本規約を遵守するものとします。なお、当社が契約者に別途提示するサービス内容(https://www.kizunaalpha.com/ 参照)、利用料、諸規定、注意事項(本ソフトウェア等の利用端末画面上に掲載される注意事項等も含みます。)も本規約の一部を構成するものとします。
  • 4. 契約者は、本規約に定めるほか、当社が別途規定する原契約の適用を受けるものとし、本ソフトウェア等および本サービスの利用において本規約と原契約との間に異なる規定がある場合は、本規約が優先するものとします。
  • 5. 事由の如何を問わず、当社と契約者との間の原契約が終了した場合、本契約も原契約と同時に終了するものとします。ただし、当社が契約者に支払未了の債務があると合理的に判断した場合はこの限りでなく、契約者は当社の指示に従い本契約および原契約の債務を履行するものとします。

第2条(本ソフトウェア等の利用許諾)

  • 1. 当社は、契約者に対して、本規約に定める条件に従って、本サービスを利用できる権利を、非独占的に許諾するものとします。なお、当社が本サービスの利用にあたって利用料を定める場合、契約者は、当社の定める方法に従い、当該利用料を支払うものとします。
  • 2. 契約者は、本規約に定める条件を遵守し、自己の責任において、本ソフトウェア等および本サービスを利用(本ソフトウェア等のダウンロード、インストール、アップデートおよびアンインストールを含みます。)するものとします。また、本ソフトウェア等および本サービスの利用に伴う通信料その他の費用は、契約者において全額負担するものとします。
  • 3. 第1項の規定にかかわらず、当社は、契約者への通知または契約者による承諾なしに、いつでも、当社の判断により、契約者に対する本ソフトウェアの利用許諾を取り消し、契約者による本ソフトウェア等および本サービスの利用を制限することができるものとし、これにより契約者に発生した損害について、当社は一切責任を負いません。

第3条(本サービスの機能)

本サービスの機能は、次の各号のとおりとします(各機能の詳細については、本サービスを利用した端末画面上で別途表示されるとおりです。)。

  • (1) 契約者の従業員(従業員が利用するID数の上限は、別途当社が設定するものとします。以下「従業員」といいます。)の掲示板・プロフィール・資料マニュアル・スケジュール表・シフトの設定と管理
  • (2) その他前各号に付随関連する機能

第4条(契約者情報等の入力)

  • 1. 本サービスおよび本ソフトウェア等の利用端末に、契約者、契約者の従業員その他の情報(契約者において設定する法人名・店舗名・組織階層名・従業員名・出勤時間、退勤時間、休憩時間、概算給与額、契約者の勤務表等を含むがこれに限らないものとし、以下「契約者情報等」といいます。)を入力する場合、契約者は、自ら正確な情報を入力するとともに、当社が別途定める取引基準および次の各号に掲げる事項(以下取引基準と総称して「取引基準等」といいます。)を必ず遵守するものとします。
    1. (1) 法令、公序良俗に反する情報またはそのおそれのある情報を入力しないこと
    2. (2) 当社が指定する情報のテーマ、ジャンルから逸脱すると当社が判断する情報を入力しないこと
    3. (3) 当社または第三者の権利を侵害するまたは侵害のおそれのある情報を入力しないこと。また、登録しようとする契約者情報等に含まれる権利(知的財産権、肖像権等を含みますが、これらに限りません。)を有する第三者から、予め当該使用にかかる許諾を得るとともに、当該使用に必要な権利処理の一切を行うこと
    4. (4) 当社または第三者を誹謗中傷する情報を入力しないこと
    5. (5) 事実に反する情報または誇張した情報を入力しないこと
    6. (6) 情報の最新性および正確性を常に保持すること
  • 2. 当社は、契約者に対する通知または契約者の承諾なしに、いつでも、契約者情報等が取引基準等に適う内容であるか否かを審査することができるものとします。取引基準等に反する契約者情報等の存在が判明した場合その他当社が必要と判断した場合、当社は、契約者に対する通知または契約者の承諾なしに、当該契約者情報等の削除または変更を行うことができるものとし、契約者は、予めこれを承諾するものとします。また、当該契約者情報等に関して、当社が削除または変更の要請をした場合には、契約者は、速やかに当社の要請に応じるものとします。
  • 3. 契約者情報等の誤入力、入力懈怠、入力遅延、その他契約者情報等に起因して当社、顧客その他の第三者に発生した損害については、契約者が一切の責任を負うものとします。
  • 4. 契約者が、自己の責任と負担において契約者情報等を保存するものとし、当社は、契約者に代わり、契約者情報等を保存する義務を負いません。なお、契約者情報等が、当社のサーバー等に保存されている場合であっても、当社は、当該契約者等情報について、バックアップ等を行う義務や契約者に対して当該契約者等情報を提供する義務を負いません。
  • 5. 当社は、本サービスの利用中、契約者情報等が滅失または毀損されないことを何ら保証するものではなく、当社は、いかなる場合においても(当社の故意または重過失による場合を含みます。)、契約者情報等の滅失または毀損により契約者または第三者に発生した損害につき、一切責任を負わないものとします。

第5条(利用許諾の取り消し等)

  • 1. 当社は、契約者が次の各号の一に該当するときには、契約者に対する通知なしに、即時に契約者に対する本ソフトウェア等の利用許諾を取り消し、または、本サービスの全部または一部の提供を一定期間停止することができるものとします。
    1. (1) 本規約または原契約の規定に違反したとき
    2. (2) 当社の取引基準に照らし不適格であると当社が判断したとき
    3. (3) その他本規約または原契約に定める事項を遂行できる見込みがなくなったと当社が判断したとき

第6条(本規約の変更)

  • 1. 当社は、本規約について当社が重要と判断する内容の変更を行う場合には、変更内容・条件等(以下「変更条件」といいます。)をその適用開始日までに、本ソフトウェア等の利用端末画面上に掲載するものとします。
  • 2. 契約者は、変更条件を承諾しない場合には、当該変更条件の適用開始日から一週間以内に、書面にて当社に対して通知するとともに、本ソフトウェア等をアンインストールした上で、本ソフトウェア等および本サービスの利用を全て終了するものとします。
  • 3. 変更後の本規約は、適用開始日に、当該変更条件のとおりに当然に変更されるものとし、前項に定める通知を当社に行った場合であっても、適用開始日以降、契約者が本ソフトウェア等または本サービスの全部または一部を利用した場合には、当該契約者は変更条件に同意したものとみなされ、変更後の本規約の適用を受けるものとします。

第7条(本規約およびその他の規約等の有効性)

  • 1. 本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有効とします。
  • 2. 本規約の規定の一部がある契約者との関係で無効とされ、または取り消された場合でも、本規約はその他の契約者との関係では有効とします。

第8条(準拠法および管轄裁判所)

  • 1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
  • 2. 本サービスに関し契約者と当社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第9条(協議解決)

  • 本規約に定めのない事項が生じた場合、または本規約の解釈に疑義が生じた場合は、当社と契約者は、お互い誠意を持って協議し、その解決を図るものとします。


以上



附則
本規約は2018年6月1日から施行し、同日付で適用開始します。

プライバシーポリシー

個人情報保護方針

株式会社CVSコンシェルは、情報誌、インターネット、モバイル、さらにはイベントやカウンターサービスなど多様なメディアを活用し、人生・生活のさまざまなシーンにおいて、企業や個人の「まだ、ここにない、出会い。」の場を提供しています。当社では事業運営上多くのお客様や従業者の個人情報を取扱うこととなるため、当社倫理綱領に基づいて本方針を定め、個人情報管理体制を確立し、企業として責任ある対応を実現するものとします。
  • 方針1. 個人情報の利用の目的をできる限り特定し、当該目的の達成に必要な範囲内で適切に取扱います。また、目的外利用を行なわないための措置を講じます。
  • 方針2. 個人情報は、適法かつ適正な方法で取得します。
  • 方針3. 個人情報は、本人の同意なく第三者に提供しません。
  • 方針4. 個人情報の管理にあたっては、漏洩・滅失・毀損の防止及び是正、その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じるよう努めます。
  • 方針5. 個人情報の取扱いにあたっては、その情報を提供した本人が適切に関与し得るよう努め、可能な限り正確かつ最新の内容に保つよう努力します。
  • 方針6. 個人情報保護に関する法令を遵守し、また個人情報保護に関する社内規程を定め、継続的な見直しを行い遵守します。
  • 方針7. 個人情報保護に関する苦情及び相談に対応する窓口を設けて、適切に対応するよう努めます。

株式会社CVSコンシェル

代表取締役社長 松村 芳晴



個人情報の取扱いについて

株式会社CVSコンシェル(以下「当社」といいます。)は、の利用企業・提携企業・団体等(以下「利用企業等」といいます)および本サービスをご利用になる方(以下「ユーザー」といいます)のプライバシーを尊重し、ユーザーの個人情報(以下の定義に従います)の管理に細心の注意を払い、これを取扱うものとします。

個人情報

個人情報とは、ユーザー個人に関する情報であって、当該情報を構成する氏名、住所、電話番号、メールアドレス、学校名その他の記述等により当該ユーザーを識別できるものをいいます。また、その情報のみでは識別できない場合でも、他の情報と容易に照合することができ、結果的にユーザー個人を識別できるものも個人情報に含まれます。


個人情報の利用目的

個人情報の利用目的は以下の通りです。利用目的を超えて利用することはありません。

  • A.ユーザーの個人認証及びユーザー向け本サービスの提供
  • B.本サービスの利用に伴う連絡・メールマガジン・DM・各種お知らせ等の配信・送付
  • C.ユーザーの承諾・申込みに基づく、本サービス利用企業等への個人情報の提供
  • D.属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等に基づく広告・コンテンツ等の配信・表示、本サービスの提供
  • E.本サービスの改善・新規サービスの開発およびマーケティング
  • F.キャンペーン・アンケート・モニター・取材等の実施
  • G.空メール送信者に対するURL情報の配信
  • H.本サービスに関するご意見、お問い合わせ、クチコミ投稿内容の確認・回答
  • I.利用規約等で禁じている、商用・転用目的での各種申込行為、各種多重申込、権利譲渡、虚偽情報登録などの調査と、それに基づく当該申込内容の詳細確認

ユーザーからお預かりした宛先情報について

本サービスでは、ユーザーから依頼されたメッセージ・商品等をお届けするために、ユーザー本人以外の宛先情報をお預かりすることがあります。

本サービスは宛先情報をユーザーの依頼に基づいてメッセージ・商品等をお届けするためのみに利用し、個人情報として適切に管理します。

宛先情報の登録・変更・削除はユーザーに委ねられており、本サービス側での変更や削除は原則として行いません。変更・削除を希望される方は、メッセージ・商品等の届け元であるユーザーへ直接お問い合わせください。

なお、届け元にお心当たりがない場合は下記の個人情報管理の問い合わせ先にご連絡ください。


個人情報提供の任意性

本サービスにおいてそれぞれ必要となる項目を入力いただかない場合は、本サービスを受けられない場合があります。


個人情報の第三者への提供

当社は、原則として、ユーザー本人の同意を得ずに個人情報を第三者に提供しません。提供先・提供情報内容を特定したうえで、ユーザーの同意を得た場合に限り提供します。ただし、以下の場合は、関係法令に反しない範囲で、ユーザーの同意なく個人情報を提供することがあります。

  • A.ユーザーが第三者に不利益を及ぼすと判断した場合
  • B.公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ユーザー本人の承諾を得ることが困難である場合
  • C.国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合で、ユーザー本人の同意を得ることによりその事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  • D.裁判所、検察庁、警察またはこれらに準じた権限を有する機関から、個人情報についての開示を求められた場合
  • E.ユーザー本人から明示的に第三者への開示または提供を求められた場合
  • F.法令により開示または提供が許容されている場合
  • G.合併その他の事由による事業の承継に伴い個人情報を提供する場合であって、承継前の利用目的の範囲で取り扱われる場合

第三者提供に関する免責事項

以下の場合は、第三者による個人情報の取得に関し、当社は何らの責任を負いません。

  • A.ユーザー自らが本サービスの機能または別の手段を用いて利用企業等に個人情報を明らかにする場合(なお、利用企業等における個人情報の取扱いについては、各利用企業に直接お問合せください)
  • B.本サービスに入力した情報により、期せずして本人が特定できてしまった場合
  • C.本サービスからリンクされる外部サイトにおいて、ユーザーより個人情報が提供され、またそれが利用された場合
  • D.ユーザー本人以外がユーザー個人を識別できる情報(ID・パスワード等)を入手した場合

個人情報処理の外部委託

当社は、個人情報取扱い業務の一部または全部を外部委託することがあります。なお、委託先における個人情報の取扱いについては当社が責任を負います。

統計処理されたデータの利用

当社は、提供を受けた個人情報をもとに、個人を特定できないよう加工した統計データを作成することがあります。個人を特定できない統計データについては、当社は何ら制限なく利用することができるものとします。


個人情報の変更等

原則としてユーザー本人に限り、「個人情報の利用目的」の通知、登録した個人情報の開示、訂正、追加または削除、利用停止、ならびに第三者への提供の停止(以下「個人情報の変更等」といいます)を求めることができるものとします。具体的な方法については下記の個人情報管理の問い合わせ先にご連絡ください。ただし、以下の場合は個人情報の変更等に応じないことがあります。

  • A.ユーザー本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利・利益を害するおそれがある場合
  • B.本サービスの適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • C.他の法令に違反することとなる場合

なお、当該個人情報の変更等に多額の費用を要する場合、その他の、個人情報の変更等を行うことが困難な場合であって、ユーザーの権利・利益を保護するため必要なこれに代わるべき措置をとるときは、個人情報の変更等に応じないことがあります。

個人情報の正確性

当社は、ご提供いただいた個人情報を正確にデータ処理するように努めます。ただし、ご提供いただいた個人情報の内容が正確かつ最新であることについては、ユーザーが責任を負うものとします。

個人情報処理の外部委託

当社は、個人情報取扱い業務の一部または全部を外部委託することがあります。


機微な個人情報の取得制限

当社は、次に示す内容を含む個人情報の取得は原則として行いません。ただし、ユーザーが自ら提供した場合は、この限りではありません。

  • A.思想、信条及び宗教に関する事項
  • B.人種、民族、門地、本籍地(所在都道府県に関する情報を除く)、身体・精神障害、犯罪歴、その他社会的差別の原因となる事項
  • C.勤労者の団結権、団体交渉及びその他団体行動の行為に関する事項
  • D.集団示威行為への参加、請願権の行使、及びその他政治的権利の行使に関する事項
  • E.保健医療及び性生活

本サービス利用企業における個人情報管理

ユーザーの同意に基づいて本サービス利用企業に提供されたユーザーの個人情報は、本サービス利用企業の定める個人情報管理に関する規程に則って管理されます。当社は各企業に対し、利用目的の範囲内でユーザーの個人情報を適切に管理するよう啓発しています。

本人確認について

当社は、各Webサービスへの会員登録や会員が本サービスを利用する場合、個人情報の開示、訂正、削除もしくは利用停止の求めに応じる場合など、個人を識別できる情報(氏名、住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、会員番号、パスワードなど)により、本人であることを確認します。ただし、本人以外が個人を識別できる情報を入手し使用した場合、当社は責任を負いません。

個人情報管理責任者

株式会社CVSコンシェル
松村


プライバシーポリシーの変更

当社は法令等の定めがある場合を除き、プライバシーポリシーを随時変更することができるものとします。